最近の事を(11/25)

昨日と今日連続して息子が両親を、一件は姉も殺すという事件が茨城で起きました。僕は今朝ニュース番組で昨日水戸で起きた事件を見ていたのですが本当にやり切れない気持ちになりました。この家族と親しかった人すべてにとっての救いようのない悲劇です。一体何の歯車が狂ってこんなに悲しい結末を迎えてしまうのでしょう?絶対にこれはあってはいけない事なのです。


一体僕たちはどのような世の中を理想としてきたのでしょうか?そんな事を時々考えてしまいます。かつて清志郎さんがこんな事を言っていました。「大事なのは自己満足でしょう。頑張るのもいいけど人の評価なんてそんなについてこない。そんな経験を僕なんかずっとしてきたから・・・。(中略)自分が納得できる生活を楽しんで・・・。自己満足でいいんです。大事ですよ、自己満足って。」僕はこの話に共鳴してしまいました。逆に今の世の中は「人に評価されてナンボのもの。評価されないものは意味がない」という結果のみを重視する流れになってはいないでしょうか?何かそういったプレッシャーが世の中を窮屈で息苦しい空間にしている気が僕はするのですがそれは一種の被害妄想でしょうか?


プラネタリウムのBBSで最近の言葉使いが話題になっています。便乗で僕の気になっている言葉使いを一つ。それは「○○かも」という言い回し。特にお互いに関する重要な打ち合わせをしている時に使われるとかなりシラケます。「○○だと思う」とか「○○してみよう」というような積極的な意思ではなくいざとなったら荷物を担いで逃げられるように、退路を残しているような消極性を感じてしまうのです。もちろんこれは大きな自戒も含んでいます。少し大げさに言えば「責任」という事との関わり方なのだと思います。なるべく責任を取らないで済むポジションを確保しておきたい、逆に言えば責任は取りたくないという表れです。さらに突っ込んで言えばそういったポジショニングに長けた人が一種「頭の良い人・仕事の出来る人」という扱いを受けている世の中の現われではないのかと思います。極論すれば政治家や官僚・経営のトップなどが悪さし放題で責任を取ってこなかったからそういう世の中になるもも無理はないのですけどね。責任取る奴=馬鹿な奴&頭の悪い奴。


ちょっと窮屈で息苦しい世の中ですよね。