日々・・・(8/4)

それにしても暑いなぁ・・・。日なたに出してあったサンダルを素足で履くと思わず「アチチチッ」と言ってしまう。でもそういう感覚って子供の頃を何故か思い出させてくれる。好きか嫌いかでいえばやはり夏は好きなんだろうなぁ。というよりもどの季節も好きで「四季」という贅沢な自然の贈り物のある日本が好きなんだろうと思う。

プラネタリムは佐藤史朗が演劇「おじいちゃんの夏」の地方公演に参加しているために休業中、個人的には2年半続けてきた午前中のアルバイトも7月で辞めてしまったので、基本的に「プー太」状態。

それでも結構規則正しい生活をしています。朝はだいたい7時過ぎには起きて出勤するカミさんを最敬礼で見送り、家の雑用時を片付けて9時くらいには、今この文を書いている僕の元実家、プラネタリウム的には「Blackスタジオ」に来ています。午前中は主にベースの練習をしています。「プー太」だしね、練習くらいしっかりやらんと、といったとこです。午後はパソコンに向かって頼まれている譜面作成の仕事をやったり、こういった文を書いたりといった作業と、ここのところは曲を作っています。プラネタリムも秋には新作の準備に入るという噂もありますから。今まで「News」に「Dolls」という曲が入っているだけで、あまりプラネタリウムの曲は作ってなかったのでやってみるかな、というあえて理由付けして始めたのですが、やっているうちに段々作る事自体が楽しくなってきました。昨日スケッチした曲は、なんか「シャカタク(懐かし過ぎる!」みたいでしたね。あんなのプラネタリウムでやったらどうなっちゃうのって感じでしたから。それと同時にあまり細部まで使いこなしてなかったDAWソフト「SONAR」のお勉強にもなっています。

6時くらいになるとパタンとノートパソコンを閉め、やおら長袖・長ズボンに着替え首タオルに麦藁帽をかぶり前身に虫除けスプレーを浴びせた上で庭の草刈を始めます。毎日一時間なのですが10日くらいやってきて現在、やっと「草刈」から「草むしり」の状態に移行しつつあります。分かりますか?この違い。初めのうちはあまりに草が伸びすぎていたので鎌をつかってとりあえずなぎ倒してく、これが「草刈」です。特にうちの庭は笹が多くなってきたので鎌で刈り取らないと大変なのです。庭のはじの方の木の間にも潜りこんで笹を払っていると、植物の逞しさや生存競争の激しさを垣間見ます。太い木にも蔓状の植物が何本も巻きついていて、それを取ろうとするとこれがしっかり巻きついていて中々取れません。そのしぶとさたるや中々宇宙船から手を離そうとしない映画「エイリアン」の初代エイリアン君みたいです。しぶといのは植物だけではなく虫除けスプレーのついてないピンポイントの場所を狙って攻撃をしかけてくる蚊もたいしたものです。よくぞここまで・・という感じです。ああ痒い。この草刈り、初めは億劫だったのですが段々楽しくなってきました。続けていると段々楽しくなってくるのは作曲も草刈りも同じなんですね。

シャワーを浴びてさっぱりしてもう一度ノートPCを開き曲作りを始めます。この後の1〜2時間にけっこう曲が出来ます。昨日の「シャカタク」もそうでした。夜9時前に戸締りをして車で30分ほどの自宅に戻る途中の「カルフール」によると色々な食材が半額、10時閉店ですからね。
自宅に戻り夕食の用意をしていると9時半過ぎにカミさんが帰ってきます。当然ながら最敬礼でお出迎えをします。発泡酒を呑み食事を終えると11時ちかく。ちょっとテレビを見たり雑誌を読んでいるとすぐに12時。「あー寝なければ」。

結構規則正しい生活でしょう。小学生の頃よく作りましたよね。「夏休み一日の計画表」みたいなもの。子供の頃は計画表はあっても守ったことはありませんでした。今は計画表はないけど妙にキチンとしたペースで生活しています。歳を取るってそういう事なのかな・・・。