ピンク・フロイド(9/28)

昨日発売のピンク・フロイドのライヴDVD「驚異」(それにしても凄いタイトル)を買ってしまった。理由としてはタワーレコードのポイントがかなり溜まっていたというのもあるんだけどね。


このライヴは12年前の94年のもので95年にライヴCD及びLD(レーザーディスク)で既に発売されていたものです。その当時も「狂気」を全曲演奏しているという事で話題になりました。僕はその前のライヴLD「光〜PERFECT LIVE!」を既に持っていたので「とりあえずは買わなくてもいいかぁ!」てスルーしてしまったのです(でも何回か売り場で手に取った記憶はあります)。今回ボーナストラックも沢山ついて初DVD化されて、これにはあっさりと「参った!」と発売日に買ってしまったという経緯でございます。


ライヴの会場はロンドンのアールズコートです。僕にとっては93年にピーター・ガブリエルのライヴを見た思い出深い場所です。おそらくロンドンの屋内のライヴ会場としては一番大きいのではないでしょうか。
いざ二枚組みのDVDをスタートすると「凄い!」の一言。まさに「驚異」でございます。演奏だけでなくステージセットの規模・照明・演出すべてを含めての巨大イベント、もしくは一種の「儀式」という感じさえします。
特に照明はこれを現場で見たら・・・・と想像すると鳥肌がたちます。照明の立体感まではDVDをしても伝え切れませんからね。それでもこれだけ凄いわけですから実際はというと・・・ですよね。コンサートのラストの光の洪水の場面でうちのカミさんは思わず「でんこチャンがこれを見たら泡吹いて失神するだろうなぁ」と一言。いつもながら面白い事を言う人です。確かに「Run Like Hell」一曲の照明で使われている電気代って通常の家一軒の何日分くらいなんでしょう?


お目当ての「狂気」の全曲演奏ですが実にキッチリ演っています。嬉しかったのはサックスのディック・バリーの参加です。昨年の「Live8」のフロイドのステージで吹いているのを見て「この人は間違いなくスタジオテイクも吹いている人だ!」と確信したのですが確証がありませんでした。今回解説を読んでてやっと確証を得ました。この人の演奏には「ムード歌謡的サックス」と」スレスレの部分があって、それがフロイドの如何わしい部分と絶妙のマッチングをするわけです。
「Crazy Diamond」でバリトンで最初ソロを吹いて途中から背中にかついでたテナーに瞬時に持ち替えるとこなんか実にカッコ良い!
というわけで買って損なし!一家に一枚という素晴らしい作品なのですが・・・・。


物足りなさを感じる大きな原因の一つはやはりロジャー・ウォーターズ入りのフロイドを最近見てしまった事にあるんですね。そう先ほども書きました昨年の「Live8」のステージです。多くの人が言うようにウォーターズがバンドの頭脳であったという事もあるのでしょうが、僕がそれ以上に感じるのはウォーターズのベースのタイム感です。「Live8」のステージの1曲目に「Breathe in The Air」を演るわけですが、始まった瞬間「あっ!これだ」と思ってしまいました。ウォーターズのベースは決して流暢ではなくゴツゴツした感じです。むしろ音のない「間合い」の部分で勝負するような感じです。そこに乗っかった流暢なギルモアのギターや、際どいとこを漂いながら肝心なところは的を射ているメイスンのドラムとの絡みこそがフロイドの演奏のベーシックだったのではないかとその時に気がついたのです。
ウォーターズ入りのライヴを見た後にこのライヴを見るとあらゆる面で「流暢」なのです。そこが今ひとつ物足りない、アクのない、フロイドにあるべき微妙な不気味さの少ない(僕の思う)演奏に感じてしまう所以なのでしょう。
ベーシストが辞めてバンドのカラーががらっと変わったのをストーズのビル・ワイマンが辞めた時にも感じました。ダリル・ジョーンズ僕も好きですが妙にちゃんとした演奏になってしまいましたよね。ワイマンの在籍時には殆ど意識していなかったのですが、ストーズの魅力だった「世界一チープなロックンロールでゴージャスなカッコ良さ」ってなくなってしまいましたものね。


今回のDVDの解説書を読んでいたら「狂気」というのはレコード発売の一年前くらいからライヴでは演奏してたそうで、その当時は「Time」の時計の針の音はウォーターズがベースをミュートして出していたりしたそうです。
このDVDの演奏は全ての音源を使いこなしフロイドの演奏活動の集大成としての凄さは感じますが、僕の興味は30年以上前にフロイドが4人だけで「狂気」をどのように演奏していたかの方に行っているようです。
今年のウォーターズのハイドパークのライヴではメイソンがドラムを叩いたそうです。メイソンがウォーターズとフロイドの間を復縁させられたら9回裏の逆転満塁ホームランだなぁ。


何て偉そうな事も書いてしまいましたが買って損なし!一家に一枚は間違いないですよ。