収穫(10/10)

10月10日といえば僕らの世代としては「体育の日」なわけです。ハッピーマンデーというものが出来て連休が多くなったのは良い事なのでしょうが、特定の日付を持たない、10月の第二月曜日=「体育の日」では祭日としての「趣き」みたいなもの薄れる気もします。そう、元体育の日10月10日は確か晴れの特異日でした。今日も「秋」という気分を満喫させてくれる晴天でした。


鶴川の実家には栗の木がありまして、この時期には毎年多少小粒ではありますが、かなりの量が収穫できます。先週の中ぐらいまでに一回目の収穫をしましてそれは大変美味しい「栗ご飯」となりました。週末から3日ほど行ってない間にまたかなり木から実が落ちていました。地に落ちて長い時間ほおっておくと虫がついてしまいます。本当は木に梯子を掛けてとるのが良いのかもしれませんが、大きな梯子がないので落ちたらなるべく早く拾うという事を心がけています。
昔からこの木はあるのですが、かつてはね・・・あまり気にしてませんでした。こういう事が楽しくなったり嬉しくなるというのは確実にジジイ化が進んでいるということなのですね。
こんな感じなのですね。写真撮影を意識してざるなんぞに並べてみました。
とげが刺さらないように慎重に実を取り出します。
まだ木に沢山実っているので今日の収穫の二倍くらいはまだ採れそうです。
昨日まで藤沢にあるスタジオで加藤いづみ姫の新作レコーディングを合宿状態でやっていました。高橋研・狩野良昭・竹田元というお馴染みのメンバーに若手のドラマー松崎クンというメンバー。かなり真面目にやってきましたゾ(当たり前か)。かなり真面目に酒も呑んできましたが。夜中まで呑んでるにも関わらず何故か10時前には目が覚めてしまいます。これもジジイ化のひとつかと思いつつ、階段を下りてロビーに行くと既に高橋研も起きて新聞などを読んでいたりします。竹田さんに至っては朝飯を外に食べに行ってたりしています(スタジオでの食事は12時でしたので)。みんな目が覚めてしまうのですね。ワハハハハ・・・。
なのに何故か狩野チャンだけは結構ギリまで寝てました。すると彼はジジイでない事にもなります。不満だぁ。


もとい!楽屋ネタはこれくらいにして、とても楽しいレコーディングでした。勿論、作業の中では上手くいったり、いかなかったりはあるのですが、「気の合う仲間と音楽やれて、酒呑めるなんて何て幸せなことざんしょ!」と思うことしきりでした。これまたジジイ化か・・・。
出来上がりをお楽しみに!