町田小山田緑地散策(2/13)

先週末は天気が良かったので、前々から一度行ってみたかった町田の小山田緑地公園に行ってみた。実は僕の実家から車で15分くらいの距離にある場所です。いつも近くを通っていながら何故か足を運んだことが無い場所ってあるものですね。


この公園は町田市と多摩市の境にあり、多摩丘陵の自然が色濃く残っています。丘陵が幾重にも連なりその間には谷戸と呼ばれる窪んだ場所があります。谷戸には周りの尾根から水が染み出し小川や小さな池を作ったりします。ここではハス田を作っているようです。このような谷戸の風景というのは町田界隈ではかつては良く見られたのですが、最近は住宅地が増えあまり見られなくなりました。まとまって残っているのはここを含め数ヵ所かもしれません。谷戸は子供の頃の遊び場でしたから懐かしさを憶えます。


その谷戸の斜面につけられた階段で雑木林を登りきると丹沢の素晴らしい山並みが見えました。
最近また山に登りたいと思っています。かつては僕も丹沢を駆け廻る少年だったのですが、すっかり足が遠のいてしまいました。しかも最近はメタボリックの烙印を押されてしまいました。すっかり脂肪が燃焼しない体質になってしまったのですね。知り合いの忠告を素直に聞いて「とにかく歩く事」をちょっとずつ実践しています。またマンションのエレベーターを使わずに階段で昇り下りしています。
階段の昇り下りで足腰を鍛え、また丹沢を登れるようなりたいものです。
尾根を越えて下った休憩所ではもう梅が満開です。そしてまた尾根を昇るとその先には冬ばれの青空がありました。まだこのような里山が近くにある事はとても幸せな事です。とても気持ちの良いハイキングでした。