梅雨明け間近(7/28)

狩野ちゃんとのライヴも無事終了しました。自分としては流れにいまいち乗り切れなかったかなぁ、という反省もありつつ、「まぁ、良かったのではないだろうか」なんてところであります。
対バンの湯川トーベンさんとの、セッションも面白かったです。一緒に演奏してみて、地声の大きさにビックリ。やはり煽られますね。曲も僕が好きなものだったし。
本番前、豊を含めて三人で、メキシコ料理を食べて時間を調節していました。皆それぞれ山谷を経てきて、話す事といえば人生論みたいなものになってしまいます。付き合いも長いですし、セッションミュージシャンを長くやっているというのも一緒ですので、なんとなく話しているのが楽です。
そんな前提があるからなのか、この三人での演奏はとてもリラックスできます。また、出来ると良いですね。


まだ、気圧配置的には完全に梅雨明けになってないようですが、すでに猛暑です。でも夏は嫌いではないので、暑いなりに楽しめれば良いのではないかと思っています。
そう、明日は昨年も参加した近くを流れる境川の清掃の日です。午前中それに参加して、選挙にいってからまた実家へ顔を出す予定です。


そうそう、ひとつ残念なお知らせを。去年、一昨年と参加していた「今治ジャズタウン」ですが、今年は参加しない事が正式に決まりました。楽しみにしていたので残念ですが、また来年出れれば良いなぁ、と思っています。


今日はこれから、井上陽水のライヴを見に行きます。好きなんですよね。あの雰囲気というか人柄が。やはりAB型だからでしょうか。とりとめない話ばっかりでしたが、今日はこの辺で。