プール(8/8)

夏になるとプール通いを始めます。泳ぐのがとても好きです。
でも子供の頃から好きだったわけではありません。嫌いでもなかったけれど、夏休みに毎日のように学校のプールに通うような子供ではなかったのです。一応普通に泳げて、場合によってはクラス対抗の水泳大会のリレーの補欠くらいにはなるくらい。そう、補欠になるのは、クラスに水泳の得意な奴が少なかった場合ね。


本当に好きになったのは30歳手前くらいの頃。クロールで1000m泳げるように真面目に練習しました。音楽以外で真面目に練習した3つの事柄のうちの一つです。プールで長い距離を泳ぐ時はクロールの方が楽なのをこの時知りました。
毎年冬場はプールに通わないので、夏になって通いだした最初はやはり距離が出ません。先週から通い出して、初日が500m、二回目が700m、一昨日今年の1000mノンストップの初日が出ました。
一昨日は、泳いでいて本当に気持ち良かったです。体が水に浮いている感じ、腕を伸ばして水をキャッチする感じ、掴んだ水を後ろに持っていくと共に、体が滑らかに水を切って進んでいく感じ。このような時は体の力も良く抜けていて、泳いでいて苦しい感じは全くありません。無になって水と同化しているような気持ちです。


8月になって猛暑が続いています。何回も書いたように暑いのは嫌いではありません。「暑い!」と感じられる自分に嬉しさを感じます。だから寒いのも嫌いではありません。「アチー」とか「うわー寒くてかなわん!」とかすぐに口走りますが。
選挙後、政局や自民党内の動きが激しいようですね。経費の領収書添付も1円からと、自民党が先に言い出したりしてます。それを見ていると、選挙で国民が何らかの強いメッセージを出すと、世の中というのはやはり変わるのではないかと思えます。
組織票の牙城に守られて、自信たっぷりだった人が落選するのを見ると、政治家はこれだけ危機感を持つという事なのですね。今回の選挙がそのようなモデルケースになると良いと思います。やはり選挙に行かないと。


前回20歳の頃、友人と山にキャンプにいって清流で泳いだのが忘れられない記憶だと書きましたが、その時の写真がありました。少し涼しい気分になれるような気がするので掲載してみます。水、冷たかったですよ。今でも体の奥にその感覚が残っています。上がった後に肌がサラサラになって凄く爽やかな感じでした。