ヤビツ峠(7/20)

自分がどこまで出来るのか試したくなりませんか?多くの人が「結構大変だったヨ」という事に自分がチャレンジして、どの程度出来るのか。今回の自転車でのヤビツ峠越えは、僕にとってそういう事でした。僕にとってヤビツ峠というのは思い出深い場所です。山登りが好きだったので良く行きました。勿論その時はバスで上ったのですけどね。
朝5時半出発。僕にしては珍しく慎重です。この暑さでも朝の5時半は空気が少しヒンヤリしています。今回はヤビツ峠の上り口までも自走します。まずそこまで40キロ。
途中でね。ハイブリットカーにロードバイク積んでる人見たんです。どこかに車デポして自転車乗るんでしょうね。おそらく方向的には同じ場所あたりだと思うんですけどね。「君より僕の方が少しエコだよ」なんて自慢したくなったりしました。相変わらず小さい自分に呆れます。
上り口の手前の善波峠の上りでまず初回のゆでダコ状態。面白いんです。本当に顔がプワァーっとゆで上がるようになるんです。でも富士山も見てくれているし。
ヤビツ峠上り口の「名古木」に8時到着。下の写真は蓑毛への上りの途中での写真です。中央の山は大山という山なのですが、その左下の高圧線の通っているあたりが(見えるかなぁ〜?)ヤビツ峠です。
蓑毛までの上り、ほぼ直線で噂どおりきつかったです。僕はいつも走り慣れている家の周辺では、前のギアの一番内側(インナー)は使わないのですが、ここの最後の上りでは使いました。つまり一番軽いギアで上っていったわけです。2度目のゆでダコ状態。
でも家の前の掃除をしている、オバちゃんとかが「頑張って」とか声をかけてくれたので力になりました。本当になるんだって。25分で蓑毛到着。
蓑毛では川で行水中だったワンちゃんが、行水をやめて「ワンワンワン(頑張れ!頑張れ!)と励ましてくれました。あるいは「早くあっち行け!シッシッ!」だったのかもしれません。
何度かのゆでダコ状態を凌ぎ、菜の花台という展望の開けた場所へ(上右の写真)。随分と上がってきました。かつてバスで上がったこの道を自転車で上る事になるとは・・・。小休止をはさみ、念願のヤビツ峠へ到着。
サドルが邪魔してますけど76mではなく、標高761mです。感動ですか。ウーン感動というよりも安心したという感じです。途中でリタイアになんなくて良かったという感じです。さて峠を越えたら下るのみ(上右の写真。ガンガン下ります)。宮ヶ瀬湖へ向かいます。
宮ヶ瀬湖でおむすび2個を食べて、一路厚木に向かって下ります。まっすぐ帰って近くの天然温泉に行こうかとも思ったのですが、やはりここまできたのですから地場の温泉に行くのが礼儀というもの。
清川村の「ふれあいのセンター別所の湯」。ここは天然の地下水を沸かした、昔的に言えば「鉱泉」ですかね。どっぷり2時間休息。ハッキリ言ってほとんど足は限界でした。
露天風呂から出ると、周りが森なんで空気がヒンヤリしていて実に気持ちが良いんですね。気温も宮ヶ瀬湖の表示板にも25度とでていましたからね。いやぁ、もう峠も越えたし幸せのひと時。
あとはゆったり帰るのみ。厚木の手前で振り返ると、大山がくっきり。あの裏側を越えてきたんだなぁ。自分にもまだ伸びしろがあるように思えて、嬉しい瞬間でした。
本日の走行距離110キロ。平均時速16.1キロ。