自転車盗まれた(6/4)

今日バイトに行くので駐輪場に行ったら自転車がない。一瞬何が起きたのかよく解らなかった。昨今、自転車が色々なところでよく盗まれるというような話題こそ聞いたことはあっても、自分の身に起きるなんて。やはり何でもそうだけど世の中で言われていることは決して他人事ではないのだ。まわりの自転車は鍵が二つ付けてあったのだけれど、自分のは一つだった。本当に腹がたつ。世の中を甘くみていた自分に対しても悔しい。
夕方から日本の試合を見た。本当に真剣にやっているスポーツを見ているとついつい涙が出てしまう。特に後半の2点目を稲本が挙げた時の中田(英)の喜んだ表情がとても印象的で、やっぱりこの人たちはサッカーが本当に好きなんだなと思った。いいゲームを見せてもらいました。

緊急速報(7/2)

6月4日に書いた自転車盗難事件ですが昨日の夜二つ先の駅付近で発見されパトカーで家まで持ってきてくれました。やはり発見率60%はだてではなかったようです。しかしカゴははずされチャイムも取られ後ろの荷台も変形していて「ひでーことしやがるな」という気持ちと「鍵を二つ付けておかなかった父ちゃんを許しておくれ」という気持ちで少々複雑です。でも戻ってきて本当によかった、よかった。
蛇足ながら昨日来たおまわりさんはあまり字がうまくなかった。やはり若かったからだろうか?(前回の字のうまいおまわりさんは年配の方だったので)。