雨 (11/25)

雨が降っている。


買い物のついでにペットショップに立ち寄った。お腹を上に向けて寝ている子犬を見て思わず顔がほころんでしまう。10年以上飼っていた犬が今年の3月に死んだ。2年前の暮れに手術した膀胱の腫瘍が再発して肝臓に転移してしまったのが死因だった。交通事故で道路に横たわっているのをほおって置けなかったのが飼うきっかけだった。ガラスケースの中の子犬を見ながらもその向こうに死んでしまった犬を思い浮かべているのかもしれない。


ふと子供の頃に家族と潮干狩りに行ったことを思い出した。確か千葉の海だったと思う。引き潮に伴ってどんどん現れてきた干潟に何だったかは思い出せないのだけれど当時の人気のキャラクターが描かれているビニールで出来たバケツと熊手を持って貝やカニを取りに行った。どうした事か僕はそれを置きっぱなしにして手前の浜に戻ってきてしまった。誰かが持ってくるだろうと思ったのかすぐに戻るつもりだったのを他の事に目移りして忘れてしまったのか、そこいら辺は記憶がないのだけれど、かなりたって「バケツと熊手は?」と聞かれてドキっとした。「誰も持ってきてないみたいよ」。沖の方を見るともうそこは干潟ではなく海だった。人気キャラクターの絵の描かれたバケツが流されて行ってしまうのを想像すると子供心にすごく胸が痛んで悲しかったを今でも良く憶えている。


雨が上がったようだ。そういえば明日は胃腸の検診の日だ。