スランプ (4/14)

2ヵ月くらい前から喋っていると声がかすれてしまう事が多くなった。思い切って近くの耳鼻咽喉科に行って診察してもらった。鼻から内視鏡を入れて調べたら声帯のあたりに「何か」ができているらしい。でもそこの病院で調べられるのはそこまでで、紹介状を書くから大学病院に行って詳しく調べてもらいなさいと言われた。今日その紹介状を取りに行った時に聞いて驚いた。紹介状をもって指定された日にその大学病院にいけば一歩踏み込んだ検査をその日に受けられると思っていたので、「朝食を抜いて行くとか何か注意点はありますか?」と尋ねたら「いやまた初診扱いになるのでその必要はないと思いますよ」「えっ、それじゃそこで最初から診察を受けて、そのまた後日に検査という事になるのですか」「おそらく」。何か不親切な気がする。大学病院に移るのが嫌なのではなく、既に受けた診察と重複した診察をまた受けなければならない事が嫌なのだ。時間も無駄だし金も無駄だ。診察データ―を渡して診療をスムーズに進める事とか出来ないんだろうか。患者は金を払っているのだから、医者だってある面はサービス業だと思う。


昨日リハーサルに行くので車を走らせていた。狭い裏道を抜けようとしたら運悪く対向車が来てしまった。相手は3台でこちらは1台だった。バックで登って戻らなければならない場所だったが、仕方ないので下がった。苦労してスペースを空けて対向車を通してあげたのに、先頭の車の中年女性のドライバーは手も上げなければ挨拶もしなかった。本当に腹が立つ。僕は狭い道を選んだ以上譲り合いが必要な事が起こるのは仕方のない事だと思っている。運の問題だから。それがイヤだったら広い道を選べば良いだけだから。でも譲ってもらって「ありがとう」という意思を表さないのは、本当に必要で共有しなければならない常識に反していると思う。しかもそういう事が確実に増えている気がする。
「塩じい」がG7でアメリカに行って向こうの要人に「戦争が終わってホンマに良かった、ホンマ良かった」とニッコニコしながら愛想を振りまいていた。本当にバカだと思った。こんな無神経なバカが政治の中枢に就けるのだから人に配慮できない奴が増えるのも無理はないか。