怒り爆発(6/13)

テレビを見ていて本当にアタマにきた。それはやはりW杯関連のことなのだが、この怒りは近頃の中で最大級のものかもしれないので今日はやや感情的な文を書いてしまうと思う。


海外ではサッカー観戦において3歳以下の子供はチケットは必要ないというところが多いらしい。ところが今回のW杯は3歳以下の子供でもチケットが必要という規則になっていたのだ。その事を知らずに子供連れで(子供分のチケットを持たずに)来日した外国のサポーターが、先日札幌で行われたイングランド対アルゼンチンのゲート前ででJAWOCの職員と押し問答している様子がそのテレビのレポートの中で映し出されていた。僕は固唾を飲んで話しの展開を見守っていたのだけれどやはり予想どうりの展開になってしまった。


JAWOCの職員は言いました。「これは規則です。チケットのない方は入場出来ません」。その姿勢は最期まで変わらなかったそうだ。


まず最初に言ってしまおう。JAWOCふざけるんじゃないよ!更に日本人の持つ融通の利かない古いお役所的発想。ハッキリ言って同じ日本人であることが恥ずかしい。相手はこのW杯のために何年もかけて貯金をしたり中には仕事を辞めてきている人もいる。彼等の一生の中においても何本かの指に入るビックイベントなのだ。3歳以下の子供をチケットなしで一緒に入場させたって誰にも迷惑は掛からないじゃないか!何とかしろよ!そもそもJAWOCは海外でのサッカー観戦のスタイルのスタンダードをちゃんと研究したのか!個人的にはスタンダードに添うべきだと思うし、添わないのであれば今回のW杯においては3歳以下の子供にもチケットが必要だ、ともっと声を大きくアナウンスし続けるべきだったのではないのか!会場に入れない外国のサポーター泣いていたぞ!彼等は一生思い続けるね。「日本人というのは何て杓子定規で融通の利かない奴等なんだ」と。


さらに残念なことにその歴史的名勝負のスタンドには600余りの空席があったそうだ。チケット余ってるんじゃないか!自分たちの不手際に寛大なんだったら相手に対しても柔軟に対応してやれよ!このままだと日本はW杯を誘致したかっただけで中身はどうでも良かったんだね、みたいなことを言われてしまうぞ。本当に顔から火が出るほど恥ずかしい。